スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉巡り第一回目、初めてリリィーと一緒に1泊2日・・・中編その1(7月25日~26日)

お待たせして、すみません。

芦ノ湖には、
DSC07853.jpg 
看板猫が、たくさん居ました。
DSC07852.jpg
遊覧船には乗りませんでしたが、戻って来る遊覧船を発見しました。

DSC07854-crop.jpg 
守り神・・・でしょうか?

DSC07855.jpg 
桟橋を渡ると、
DSC07856.jpg 
リリィーは、初めましての湖です。
DSC07860.jpg 
恐がるどころか、水の中へ入って行くリリィー。
嬉しそうです
DSC07861.jpg  
その態勢は?!
 DSC07864.jpg
寝そべるところで、パパに連れ戻されていましたよ。

最初湖の水を舐めていましたが、美味しかったのか、少しずつ飲んでいましたよ~。



ー・-・-中編その2へ続くー・-・-


みなさま~、熱中症には、十分お気をつけてくださいねぇ~


水分補給をして、待っていて下さいね

ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

温泉巡り第一回目、初めてリリィーと一緒に1泊2日・・・前編(7月25日~26日)

念願だった、リリィーと一緒に、温泉巡りの旅が始まりました。
DSC07823.jpg 
早く着き過ぎましたので、近場にある、芦ノ湖へ行ってみました。DSC07834.jpg
リリィーが、じっと見つめる先には、
DSC07830.jpg 
魚の群が、押し寄せて来てくれました。

DSC07841.jpg
アヒルボートの前で、記念撮影。
DSC07842.jpg 

DSC07843.jpg
鳥の羽のようなお花が咲いていました。

DSC07848.jpg 
こんな出会いもありました。
ちゃんと、ご挨拶が出来ました。

DSC07850.jpg 
お水タイムでしたが、あまり飲みませんでした。
どうやら、持って来たお水が温く成っていたようです

ごめんねぇ~、リリィー


ー・-・-中篇へ続くー・-・-



いつものことですが、写真を撮り過ぎ(汗汗)編集に追われています。
もう少し、お待ちくださいねぇ~。


待ってるよ~

ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


RIKUちゃん雲を発見

2014-07-13-23-07-36_deco.jpg

 ある雨上がりの夜、

RIKUちゃん雲を発見しました。

大空を

ゆっくり、

流れるように、

飛んでいました。

あいさつ周りをしていたようです。






ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

信じられない訃報・・・(7月8日)

それは、RIKUママのLINEホームを見て解ったことです。

「RIKUが先ほど、永眠しました。可愛がって下さり、ありがとうございました」と、書かれてありました・・・

えっ!!・・・

ウソでしょ?・・・

そんなのやだよー・・・

あのRIKUちゃんが・・・ 

信じられません・・・



ニューファンドランド犬のRIKUちゃん(5歳)が永眠?・・・

受け入れ態勢が、全く出来ない私・・・

ただ・・・

ただ・・・

涙が溢れてきて・・・止まりません・・・


RIKUちゃんと初めて出会ったのは、リリィーと遊歩道を散歩している時でした。

RIKUママとクマさんがお散歩?と思いきや、超大型犬のRIKUちゃん(くん)でした。

実は、私、トラウマがあって、小5の時に、友達と下校していたら、野犬に囲まれて、襲われそうになりました。たまたま、友達のジャンプ傘が開いたら、野犬が後ろに下がったので、私は、これだ!と、咄嗟に思い、友達に話し、ジャンプ傘を開いたり閉じたりしながら、全速力で走って、難を逃れたことがありました。
ワンちゃんは、大好きなのですが、う~ん・・・

でも、RIKUママやRIKUちゃんのおかげで、少しずつトラウマが無くなりつつあります。

あおぞら公園で、RIKUママが、投げるボールをRIKUちゃんと追いかけて、咥えて戻って来て、RIKUママが「はい、ちょうだい」と言うと、百発百中、RIKUママさんの手のひらにボールを出します。それを見た私は「RIKUちゃん、カッコイイ」とRIKUちゃんのファンになりました。
私にもボールを出してくれるのかなっ?と思い、やってみると、私の手のひらにボールを出してくれました。
とっても嬉しかったです。RIKUちゃんは、優しくって、とってもお利口さんでした。

つぶらな瞳で、ハンサムボーイのRIKUちゃん。

そんなRIKUちゃんに、リリィーが、ボールを咥えて戻って来たけれど「はい、ちょうだい」の練習中に私は、RIKUちゃんに「ちょっと待っててねぇ~」と言ったら、RIKUちゃんは、私の顔をアゴからオデコに向けて、一舐めしてくれましたね。もう一度してもらいたかったなぁ~・・・

いろいろな面で、RIKUちゃんに助けられたような気がします。

まだまだ、たくさんの思い出があります。

この思い出は、私達の宝物です。

一生忘れません。


RIKUちゃ~~~ん、

リリィーと一緒に遊んでくれて、ありがとう。

とっても、楽しかったよ~(by リリィー、ママ、お姉ちゃん、パパ) 



RIKUママさんへ、

この度は、ご愁傷様です。

私とRIKUママさんって似ているところがたくさんあり、たぶん・・・受け入れ態勢が整っていないのでは、ないでしょうか?

でもね、無理に受け入れなくっても、いいと思いますよ。
自然に任せられては、いかがでしょうか?

泣きたい時は、思いっきり泣いてくださいね。

我慢しなくて、いいんだよ。

気を落としませんように。



私自身・・・まだ、経験していません。生意気なことを書き、お許しくださいね。

落ち着いたら、リリィーとお姉ちゃんと一緒に、お線香を上げに行きたいと思っています。



ご冥福をお祈り致します。




ポチッとしてね!

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
プロフィール

リリひめ

Author:リリひめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。